2016年10月22日

清水エスパルスがJ1に上がる条件を見てみた


 2016年10月22日に至って、私の応援するエスパルスはJ2の4位に位置している。

 このままいけばプレーオフ圏内であり、この順位で終わればプレーオフを勝ち抜けばJ1に復帰できる。
J2にきてエスパルスは割と上に弱く下に強い傾向が顕著である。

 強いチームだけで戦うプレーオフを勝ち抜けるかは難しいと思わざるを得ない。
どうせなら2位まで上がれればと思うが、難しいかもしれない。

 エスパルスは金銭的に裕福なチームではない。トップチームを強くすることも良いが、ここはひとつユースチームを世界的なレベルまで強くすることを考えてみてはどうかと思っている。
日本一とか言わないで世界一の選手を育成する仕組みを考えてほしい。高いレベルの選手を輩出する仕組みがあればトップチームは必然的に強くなる。

 金銭的に裕福ではないので、選手の流出も止められないだろう。
 しかし育成を続けていけば、日本全体のレベルアップにつながる。トップリーグのレベルが上がれば、日本代表も強くなる。
ただ、Jリーグの試合をこなすのでは何かが足りない。

 我々は弱いという言葉がそぐわないなら、まだ世界トップクラスとは言えない。
 ならどうやって世界に追い付くのか。全クラブがそれを意識すべきである。

 金がないのであれば、知恵を絞る方向でいかないとならない。
 不利だし困難なのは当然である。

 だがサッカーは日本一の向こうに世界一を見ることができる競技である。
 そこまで上がって行けるのである。

 だからどこまでもひたすら強くなってほしいのである。

 エスパルスには世界一まで行ってもらいたいのである。
それが私の願いである。

posted by appiy at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック